*

CX-30の隣に停めた

公開日: : 最終更新日:2019/12/05 Wow!となったクルマ,

狭山PAだったでしょうか・・・

このところ実家(草加)に行くことが増えたので・・・

土曜の昼過ぎ。ほとんど渋滞無しm(_)m

最初の休息・・・トイレの近くのいい所が空いてる・・・ん?

CX-30じゃないですか\(^o^)/

隣に停めると、話し早いですね・・・

あれ?相棒。けっこう渡り合ってる?

(CX-30、ちょっと小さいですね・・・)

いや、平成生まれは十中八九向こうを良いというのでしょう。

 

一方、CX-5の明るい方のブルーと後日街中で並ぶ・・・

(この青、案外悪くないですね)

やっぱりちょっとデカいですかね・・・(一人で乗るには)

でも、この大きさのSUVをMTで駆るのって・・・(よだれ)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2015レガシィ公開

シカゴオートショー(2014)で発表されました(WebCGにリンク)ね。 http://www

記事を読む

新しい靴、BRIDGESTONE TURANZA

これは本来買わない靴のはずでした? (車自体が換わっていたはず・・・)  

記事を読む

「若いころの将来像・・・」

「若い頃から漠然と思ってた将来像。おっさんになったら・・・」 なべ田さんのみんカラの記載を見て

記事を読む

CX-3の映像

発表されましたね。 https://www.youtube.com/watch?v=mplNw

記事を読む

ゴルフⅦ、デカい・・・

今朝、赤のゴルフⅦの後ろを少し走りました。 これまでゴルフに感じたことのない印象・・・

記事を読む

STIの今後・・・中津スバルさんご明察です。

最近アルピナについて触れましたが、中津スバルさんでも取り上げられていました。 とても、いいメッ

記事を読む

実家の車の候補

MOMOさんと意気投合しました。 https://www.youtube.com/watch?

記事を読む

次期相棒候補、CX-3

CX-3には本当に4WD+MTが設定されるようですね・・・ 「四輪駆動のMT車というのは、他に

記事を読む

MAZDAは「ワクワク感」を研究している

今朝のNHK「おはよう日本」でやっていましたね。 MAZDAは「ワクワク感」を研究しているとの

記事を読む

今日はこのくらいに・・・

申し訳ありません・・・ まだリポートできません(^_^;) タイヤもかなり残っているデフ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    ウチ、未来の乗馬は認められそうもないです。
    今の馬を長く、大事に乗るしかないようです。

    やはりシビックがと、少し未練。
    優駿な馬よりも駄馬のほうが可愛いと思います。

    • tanac より:

      コメントありがとうございます。
      「駄馬の方が可愛い・・・」そういう境地に「幸せ」があるのかもしれませんね。ほら、またズボンのポケットが裏返しになってる・・・みたいな(^_^;)
      当方も、前が重くても頑張っている感じが・・・それなら荷重とか丁寧にしてあげないと・・・お、いま上手くいったね!雑に入って、あーごめんごめん、なんてやっております。
      いつもの釣りに行く道は、相棒でも2速に下げないと上がらない山坂道なのですが、前に走っているレヴォーグが(下りの)入りと出口でスッと行ってるのを見ると、やっぱりあいつらすごいね・・・と、相手の凄さを素直に見られるようになった?
      (ただ、それを続けるには、左ひざを大事にしていかないと・・・)

  2. 匿名 より:

    ショールームで実物に接した感想ですが、見た目はアトラクティブなので、マツダ3も含めて、パーソナルカーとしてでしたらお好きならばどうぞという感じです。

    CX-30は乗降性に、3は乗降性と居住性の両方に難ありなので、機会少なくても後席に人を乗せる可能性がある方にはお薦めできないですね。

    マツダ、大事なことを見失っていないでしょうか。

    • tanac より:

      コメントありがとうございます。
      こういうブログをさせていただきながら、いまだにMazda 3には座ってもいないことを恥じ入ります。現実から目をそらしてはいけないですね(^_^;)
      CX-30は乗降性悪いですか・・・名古屋で見た時は私は感心したのですが・・・(まあ、現相棒はローダウンなので)
      NIWAKAのMAZDAユーザーなので、むしろ長くSUBARUに乗ってきたものとしては、逆にBe a Driverとして割り切るのもありなのかなと前向きにとらえております(相棒のリアドアの質感、笑っちゃいます・・・)。
      これは、よく言われておりますが、おなじハイブリッドをMazdaがやったらブレーキが不自然ではなくなっている・・・これをTOYOTAが捉えて今につながる協業の流れになっている・・・(これはTOYOTAが出している情報)
      日本の企業の強みが残っていくことを見守れればと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑