*

ヤジはよくない

公開日: : 社会

ヤジはいけないですね・・・

長男がスポ少にお世話になってすぐは、私も自身が中学の時のようにスタンドから野次ってしまいました。自分がプレーヤーだったときは目的とか特になくみんなやっているから、いえ正確に言うとそうしないとこわい先輩が・・・

さすがに子供をけなす事はしませんでしたが、相手のスタンドの様子によっては「次スローボール来るよ!」とか「2球けん制ないよ」等、相手ピッチャーをけん制しました。うちのチームの子たちだけが言われて耐えているのを見れば、グランドの臭いの力も手伝って得意技を披露するのに何の抵抗もありませんでした。

でも、そういう次元ではスポ少は勝ちきれない事を知りました。

強いチームとは・・・良いチーム。良いチームは良い選手、良いベンチ、良いスタンド。という記載がネットにありました。

勝ってる時はそれは誰でもできる。つらい時に仲間と力を合わせて・・・根気よく子供たちに話していきたいと思います。

ところで都議会の方で・・・うわっ、酷い。

相手に申し訳ないので、私だったら公式戦でも交代させますね。

何と、その最中にチームの名誉監督が辞めちゃった?

(顧問さん、どっちを向いてやっているのか・・・)

ただ、私は試合中に泣くことは許しません。やられっぱなしで帰ってきてはいけません。泣くのではなく、プレーでやり返すファイトを求めたいと思います。スポ少では一人で相手に立ち向かっていくのはまだ大変です。でも、そういう時こそ、仲間と力を合わせて向かっていく・・・その練習を普段からしているのですから。

それにしても、自民党、最近良い試合内容ではないような・・・2年前、市で優勝したチームと対戦した時、20点以上とられて1点も取れずに負けましたが、途中でまあ、ちょっと雑に打ったかな・・・というとき、その選手怒られていました(^_^;)

勝っていても締まって臨まなければ相手に失礼だ。出たランナーは全員還ってくるつもりでやれ!

職名に師が付かないのにセンセイと呼ばれている方々、上杉鷹山公を勉強されては?ちゃんとやっている人は市井にいくらでも・・・♪かぜのなかのすばる~

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

敗戦の原因(半藤一利氏)

読売新聞の「戦後70年」に寄稿されていました。 最近の新国立競技場のやり直しにも見られるように

記事を読む

NHKスペシャル「新・映像の世紀」

皆さんはご覧になったでしょうか・・・ 再放送もあると思いますので是非ご覧ください。 NH

記事を読む

時期外れのスコップ

先週ホームセンターでこの時期、いやシーズン中も見かけたことのない、各種とり揃ったスコップが並んでいま

記事を読む

日本にはSUBARUとMAZDAもありますよ

見たい番組を見るのは、録っておいてあとで車内で・・・というスタイルなので、放映されたときとインターバ

記事を読む

認知症って・・・人の社会が優しくなるため?

NHKで認知症のキャンペーンが展開されていますね。 今回の番組は示唆に富むものだったと思います

記事を読む

自転車は左を、前をしっかり見て・・・

何を言い出したかと思われますでしょうか(^_^;) でも、前をみていない右側通行をしている自転

記事を読む

大雪 7大学救済なし

入試の機会の公平性 平成26年2月28日の山梨日日新聞より、 「県教委によると、15~1

記事を読む

争点を整理

なんか、分からなくなってきました・・・ (与党大勝で大丈夫?) 仕事人内閣ってなんだった

記事を読む

「なんで、ちゃんとやらないんだ・・・」

築地で働いている人の協会の上の人がインタビューに答えているなかにありました。 そうですよね・・

記事を読む

思い出のまかい(やちむん)

昨日届きました。夏休みの旅行の思い出に求めました。 何とも味があります・・・ &

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑