*

ヤジはよくない

公開日: : 社会

ヤジはいけないですね・・・

長男がスポ少にお世話になってすぐは、私も自身が中学の時のようにスタンドから野次ってしまいました。自分がプレーヤーだったときは目的とか特になくみんなやっているから、いえ正確に言うとそうしないとこわい先輩が・・・

さすがに子供をけなす事はしませんでしたが、相手のスタンドの様子によっては「次スローボール来るよ!」とか「2球けん制ないよ」等、相手ピッチャーをけん制しました。うちのチームの子たちだけが言われて耐えているのを見れば、グランドの臭いの力も手伝って得意技を披露するのに何の抵抗もありませんでした。

でも、そういう次元ではスポ少は勝ちきれない事を知りました。

強いチームとは・・・良いチーム。良いチームは良い選手、良いベンチ、良いスタンド。という記載がネットにありました。

勝ってる時はそれは誰でもできる。つらい時に仲間と力を合わせて・・・根気よく子供たちに話していきたいと思います。

ところで都議会の方で・・・うわっ、酷い。

相手に申し訳ないので、私だったら公式戦でも交代させますね。

何と、その最中にチームの名誉監督が辞めちゃった?

(顧問さん、どっちを向いてやっているのか・・・)

ただ、私は試合中に泣くことは許しません。やられっぱなしで帰ってきてはいけません。泣くのではなく、プレーでやり返すファイトを求めたいと思います。スポ少では一人で相手に立ち向かっていくのはまだ大変です。でも、そういう時こそ、仲間と力を合わせて向かっていく・・・その練習を普段からしているのですから。

それにしても、自民党、最近良い試合内容ではないような・・・2年前、市で優勝したチームと対戦した時、20点以上とられて1点も取れずに負けましたが、途中でまあ、ちょっと雑に打ったかな・・・というとき、その選手怒られていました(^_^;)

勝っていても締まって臨まなければ相手に失礼だ。出たランナーは全員還ってくるつもりでやれ!

職名に師が付かないのにセンセイと呼ばれている方々、上杉鷹山公を勉強されては?ちゃんとやっている人は市井にいくらでも・・・♪かぜのなかのすばる~

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

煽らない(or られない)ために

いくつかの知見を得ました。 (私自身がどうしていくべきか・・・)   欧

記事を読む

世のため人のためになる車

4月から勤務先が変わりました。 これまでとは違って農道を気持ちよく走る・・・ようなステージはあ

記事を読む

完成検査問題に対する反応を見て

問題そのものについてはなべ田さんの記載も拝見し、SUBARU車についての評価にいささかの変化もないの

記事を読む

NHKスペシャル「新・映像の世紀」

皆さんはご覧になったでしょうか・・・ 再放送もあると思いますので是非ご覧ください。 NH

記事を読む

これは納得できました。

今月の100分de 名著は「出会えました」m(_)m カントの「永遠平和のために」 &n

記事を読む

こういう船長(責任者)って

報道されていることが事実だとすると、あまりにも酷過ぎて亡くなった人は浮かばれませんね。 船長が

記事を読む

ノーベル平和賞 サーロー節子さんの演説

備忘のために記します。 「 両陛下。ノルウェー・ノーベル賞委員会の高名なメンバーの皆さ

記事を読む

「あらゆる問題やニーズに対する答は自然の中にある」

ノーベル生理学・医学賞を受賞される大村先生が記念講演の中で話されたようです。 素晴らしいですね

記事を読む

周りにストレスをかけない運転

情けは人のためならず 最近、朝の通勤で強い雨の中での走行の機会がありました。霧もあって視界はか

記事を読む

世界最大の悪は平凡な人間が行う・・・

それを知るのが、今回の総選挙の前で良かったです。 ハンナ・アーレントの「全体主義の起源」

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑