*

プレーの向こうに見えるもの

公開日: : 最終更新日:2014/01/29 スポ少

思いもよらない言葉でした。(私と見方が逆・・・)

なんで捕れないんだろう・・・そう思っていました。

(落ちてくるところに行って、グローブを上げてボールが入ったらちょっと握るだけ・・・)

わざわざ離れて、入った後ねじる・・・それで捕れと言われたら私だって難しい・・・

次男曰く、「怖いんじゃないの・・・」

(じゃあお前たちは何で怖くないの?)

長男曰く、「落としてしまう自分が許せないから離れるなんて考えられない・・・」

 

妻の姉は踊りを教えています(お弟子さんは50人を超えています)。今朝妻から聞いたのですが、

「踊りからその人の周りの状況、抱えているものが見えてくる・・・」

これには衝撃でした。「なんで捕れないのか」ではなく、彼らはそれを教えてもらえてこなかった・・・

そこまで見えなくても、まず受け止めてあげようと思いました。今は野球をやってくれているちいさな仲間たちと一緒に歩いていく・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

成長のホームラン

先週末5年生以下の練習試合がありました。 登板予定の子が急きょ捻挫してしまい、2試合投げること

記事を読む

人はセルフイメージを越えられない

少年野球教室での原俊介コーチの言葉です。 私は、論語の「汝は画(かぎ)れり。」を用いたのですが

記事を読む

4スタンス理論はけが予防にもなる

チームで4スタンス理論のつま先タイプかかかとタイプかを考慮して指導しています。 しかし、何か物

記事を読む

素振り用の長パイプをバージョンアップ

めずらしく、(いや初めて?)次男(小6)が私に「物」をリクエストしてきました。 「1㎏のマスコ

記事を読む

公式戦、初戦敗退

いよいよ公式戦が始まりました。 相手は去年と同じ・・・(昨年は20点以上取られました)

記事を読む

次男が負傷続き

来月の2週目、こちらではメインの大会があります。 それに向けて、上り調子だった次男が負傷続きで

記事を読む

兄弟で一矢

3年前の同じ学童予選。5年の長男が21点?取られ、こちらはノーヒット。 あれはタフな試合でした

記事を読む

練習でできるのに試合でできない

県大会につながる最後の大会が終わりました。 まずはじめに触れなければならないのは、その試合のグ

記事を読む

やればできる(できないのはやっていないから)

前回の公式戦で、強豪に対していい試合ができたので、 「じゃあ、次は・・・」 跳ねるゴロの

記事を読む

元気いっぱい打ちなさい

NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」囲碁棋士・井山裕太のなかのある言葉に衝撃を受けました。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑