*

野球部に入る前に野球遊びをしていない

公開日: : 最終更新日:2014/02/03 スポ少

けっこう投げたり捕ったりできるようになってきたので、ファーストでアウトにできるような送球を・・・

そういう状況だと(負荷をかけると)できていたことができなくなる(^_^;)

昨日、ある選手のある行動にちょっと驚いてしまいました。

少し負荷をかける・・・全員内野のノックで捕る、バックホーム(ワンバン)、トス・・・全部揃えたらあがり、というよくあるパターンで(いえいえ、まだノック自体は簡単な打球です)、

これが揃わない。

「速いボールじゃなくていいんだよ、丁寧に気持ちを込めて・・・」

すると、なんとトスをするときに立ち止まって「せーのっ」という感じでトスをしたのです・・・

「・・・」

今の子たちは近所の子たちとやっこ野球のようなことをしていない・・・野球部に入るまで軟球でキャッチボールをやったことがない子も・・・

(この時代に野球を選んでくれている子がキャッチボールをしてもらえなかった?)

それなら余計に野球を選んで良かったと子供たちには思わせてあげなくては・・・

でも・・・お父さん方に、たった5分でもいいから相手をしてあげてほしい・・・いや、それはお父さん自身のためにと申し上げたい・・・

秋までチームを見てくれていた父兄は、

「野球をやっていなかったら、卒業文集の親からの欄に何を書いたらいいか分からなかったかもしれない・・・」としていました。

どうせ中学に行けば?こちらから何か入れようとしても入りはしない(^_^;)下手をするとあと2・3年しか残っていない?

息子さんと同じ方向を向いて一つのことをやる時間を持てたことが有意義だったとOBのご父兄の皆さんから聞くことができます。代えがたい珠玉の時間になったと・・・

ヒットを打った塁上でガッツポーズをとる選手の視線の先に、お父さんのガッツポーズが・・・

グランドは良いですよ(^_^;)お気軽にお寄りいただきお子さんを見てあげてください。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

練習でできるのに試合でできない

県大会につながる最後の大会が終わりました。 まずはじめに触れなければならないのは、その試合のグ

記事を読む

波平の声が変わった

次男(この春から小5)のクラスでは、朝、順番で1分間スピーチをしていたようです。 次男はその時

記事を読む

成長のホームラン

先週末5年生以下の練習試合がありました。 登板予定の子が急きょ捻挫してしまい、2試合投げること

記事を読む

子供たちの前でオーバーフェンス!でも・・・

見えなかった(TωT) 昨日は、これまで単身赴任でありながらスポ少のコーチとして指導していただ

記事を読む

元気いっぱい打ちなさい

NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」囲碁棋士・井山裕太のなかのある言葉に衝撃を受けました。

記事を読む

公式戦初勝利!

チームとしては昨年のジュニア大会で勝っているのですが、私の監督としては公式戦初勝利を子供たちはもたら

記事を読む

スタートは上々

1週間経ってしまいましたが、チームの戦いが始まりました。 所属するブロックのトーナメント戦でし

記事を読む

歴史的敗北(手押し相撲)

まじめにやっていました(^_^;) 強そうだとは思っていました。小6と小4の息子たちが歯が立っ

記事を読む

チームの抱負

年末年始の番組でチームの抱負につながる知見をいくつか得ました。 一つは心理学の番組から。

記事を読む

嬉しい贈り物

次男の友達のお宅からプレゼントをいただきました。 (その方の弟さんが社会人野球の監督を

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑