*

野球部に入る前に野球遊びをしていない

公開日: : 最終更新日:2014/02/03 スポ少

けっこう投げたり捕ったりできるようになってきたので、ファーストでアウトにできるような送球を・・・

そういう状況だと(負荷をかけると)できていたことができなくなる(^_^;)

昨日、ある選手のある行動にちょっと驚いてしまいました。

少し負荷をかける・・・全員内野のノックで捕る、バックホーム(ワンバン)、トス・・・全部揃えたらあがり、というよくあるパターンで(いえいえ、まだノック自体は簡単な打球です)、

これが揃わない。

「速いボールじゃなくていいんだよ、丁寧に気持ちを込めて・・・」

すると、なんとトスをするときに立ち止まって「せーのっ」という感じでトスをしたのです・・・

「・・・」

今の子たちは近所の子たちとやっこ野球のようなことをしていない・・・野球部に入るまで軟球でキャッチボールをやったことがない子も・・・

(この時代に野球を選んでくれている子がキャッチボールをしてもらえなかった?)

それなら余計に野球を選んで良かったと子供たちには思わせてあげなくては・・・

でも・・・お父さん方に、たった5分でもいいから相手をしてあげてほしい・・・いや、それはお父さん自身のためにと申し上げたい・・・

秋までチームを見てくれていた父兄は、

「野球をやっていなかったら、卒業文集の親からの欄に何を書いたらいいか分からなかったかもしれない・・・」としていました。

どうせ中学に行けば?こちらから何か入れようとしても入りはしない(^_^;)下手をするとあと2・3年しか残っていない?

息子さんと同じ方向を向いて一つのことをやる時間を持てたことが有意義だったとOBのご父兄の皆さんから聞くことができます。代えがたい珠玉の時間になったと・・・

ヒットを打った塁上でガッツポーズをとる選手の視線の先に、お父さんのガッツポーズが・・・

グランドは良いですよ(^_^;)お気軽にお寄りいただきお子さんを見てあげてください。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人はセルフイメージを越えられない

少年野球教室での原俊介コーチの言葉です。 私は、論語の「汝は画(かぎ)れり。」を用いたのですが

記事を読む

スポ少、一区切り

最後の県の規模の大会が終わりました。 県内100あまりのチームがくじを引いて、会場も含めてどこ

記事を読む

初戦突破

いよいよ、学童の予選が始まりました。 初戦突破しました。12-11、逆転サヨナラ・・・

記事を読む

「あらゆる問題やニーズに対する答は自然の中にある」

ノーベル生理学・医学賞を受賞される大村先生が記念講演の中で話されたようです。 素晴らしいですね

記事を読む

あれから1年・・・

こういう区切りはいろいろありますが、私にとっては忘れられない日・・・ 先週末、豊橋市との交流大

記事を読む

スローイングをよくする方法

ときどき、壁当てをします(^_^;) スポ少のバッティングピッチャーで少しでも迷惑をかけないよ

記事を読む

これはグローブが柔らかくなる。

まだ馴染んでいないグローブやミットを柔らかくしたいときに、これは今までで一番有効でした!

記事を読む

やればできる(できないのはやっていないから)

前回の公式戦で、強豪に対していい試合ができたので、 「じゃあ、次は・・・」 跳ねるゴロの

記事を読む

インナーマッスルの衰え

雪で2週練習しなかったのですが、久しぶりの練習だったから? (それにしてもちょっと疲れすぎる・

記事を読む

成長のホームラン

先週末5年生以下の練習試合がありました。 登板予定の子が急きょ捻挫してしまい、2試合投げること

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑