*

スバルWRX STI Type S / S4 2.0GT EyeSight

公開日: : 最終更新日:2014/09/18 試乗リポート,

天気予報が外れて逆にゲリラ試乗となり(^_^;)いつもの担当の方が不在。試乗ルートはこれではWRXの評価ができない(TωT)という交差点で左折のみのルートでしたが、意外にも収穫がありました。

S4はGT-Sである必要がある・・・

レヴォーグで感じた(今回は左折のみですが)、ハンドルの戻りは改善していませんでした・・・(TωT)これは、相棒BR9だけでなく直近に乗ったハリアー&NX200tと比べてもかなり差があります(TωT)

一方、WRX STIの切り初めの反応は(今回の試乗はそれがメイン?)先代より一段と切れ味を増していました。切り初め1㎜のハンドルの動きでも反応してくる?くらいシャープなのですが、そうであれば神経質すぎて運転しにくいのでは・・・それが流しているときはスーッと流せるのです・・・

レーンチェンジですら至福となります(^_^;)少しだけ交差点に突っ込めたのですが、凄さの片鱗をいやというほど感じます。

実は走りはじめは・・・それこそ、先日のNX200t”Fスポーツ”と比べても、

「これは、固すぎる(TωT)」

でも、ちょい乗りの間に馴染むのです・・・(NXの時は最後まで馴染まなかった)それは、「何のためにその固さなのか」に体が納得するからなのでしょうか。

ただの左折でもロールせず後ろが漕いでグイッとクリアすると、脳内のアドレナリンがガバっと賦活するのでしょうか・・・気が付くと固さを感じなくなっているのです。

例えば、レース用のSKIを乗りこなしている感じ・・・SKIは脚力の鍛錬が必須ですが、ドライブはそれは必ずしも要しない。つまり、鍛錬なしにその良さを体感できてしまう。

それと、流している時でも先代より低回転での力が増えたように感じます。でも、エンジンは同じはず・・・

これが、リアサスの剛性が上がったことで行われたスロットル特性の変更の効果なのでしょうか。

 

WRX STIのあとにS4にも試乗したのですが、GT-SではないノーマルのS4はセレクトの対象にならないかもしれません・・・

ロール、特に前の内側が浮くロールが感じられ(つまり前がぐっと踏ん張る感じにならない)、ブレーキも効かない・・・(^_^;)WRX STIのあとに乗れば大抵はそうなる?でも、ロールに関しては例えばハリアーはそう感じませんでした(NX200t”Fスポーツ”は感じました)。タイヤのグリップとハンドル操作に対する反応とのバランスになるのではないでしょうか・・・

レヴォーグは良かったのですが・・・ただ、2.0GT-Sでしたね。S4 GTは、1.6Lであるべきなのでは・・・

(チャンスがあればS4 GT-Sにも試乗したいと思います。)

 

 BRZ (tS)ではダメなのか・・・

WRX STIの方がわずかにハンドルがシャープでしょうか・・・ブレーキも共に良い・・・

となると、後ろもちゃんと乗れるし雪でも大丈夫・・・ただ、燃費悪いんですかね(^_^;)

いえ、ぜいたくな悩みですよ、この2台がラインナップされているなんて(^_^;)

 

確認できたことは、これくらいのちょい乗りの時間が至福の時に変わる・・・という事です。

ただ、その候補がMAZDAからも

さらにデミオXDのMT?

(でも、WRX STIの試乗後で大丈夫か・・・シフトフィール)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

水平対向6気筒クーペのMT

ポルシェではありません(^_^;) こんなのがあったんですね・・・ でも、Ove

記事を読む

今年はモーターショー行く?

スバルだけでも行く価値ありますね・・・(^_^;) ・VIZIV FUTURE CONCEPT

記事を読む

「若いころの将来像・・・」

「若い頃から漠然と思ってた将来像。おっさんになったら・・・」 なべ田さんのみんカラの記載を見て

記事を読む

フォレスター(E型)にMTが設定されない?

E型が出るんですね・・・グレード整理やカラーの設定変更がメイン? (ということは、今年フルモデ

記事を読む

レヴォーグはマニュアルミッションを設定すべき

次期レガシィが発表されました。 改めてレヴォーグを見ますと、WRXベースのワゴンであることがみ

記事を読む

自分らしさとは

長男(中3)が修学旅行から帰ってきたら、 「カラオケが好きな人」に変わっていました(^_^;)

記事を読む

GVCとディーゼルでMPVがよくなるのでは

今朝、これが右から抜いていきました。 スーッといい感じでした。 もし、今のMAZ

記事を読む

この週末、BRZ tSに乗れるかも?

今週末イベントがあるようで・・・助手席で十分です(^_^;) http://www.youtu

記事を読む

フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost

今時珍しい漢(おとこ)車 インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを2年連続(2012年

記事を読む

新型ロードスター?

これですか? 楽しみですね(^_^;) 追伸: 出ましたね! htt

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 獅子丸 より:

    400万円オーバーと高価なクルマですが、相応の価値のある、素晴らしいクルマですよね。
    ああ、レヴォーグにも、MTを!
    それが、私の、切なる願いです。

    • tanac より:

      獅子丸さん、ありがとうございます。
      (博多では熱い戦いが繰り広げられていますね)
      レヴォーグにMTを!同感です\(^o^)/

      こちらの担当は、レヴォーグやS4にMTがなぜないのか、理論的に的確にその理由を展開します。新世代エンジンはMTを想定していないから載らないというのですが、そういうものなのでしょうか・・・
      「ステップアップのCVTだからこれでいいのでは?」でも、1.6にはそれはありません・・・

      それに、MAZDAはMTをラインアップしています・・・

      私は、次男が中学に上がったら・・・いや、スポ少を卒団したら(来年の秋)MTにTryしたいと思います。となると、SUBARUを離れてしまう可能性も・・・

      海外で好調のエネルギーを国内市場に還元するというビジネスモデルのパイオニアに・・・< (_ _)>

      昨冬の雪のこともあるので、場合によってはSUVのMT・・・ということでフォレスター(SH)の中古?
      STIがSH用のperformance pack.のようなパーツをだしているのです・・・(^_^;)
      (そうやっていじって乗る方が合ってる?)

      雪が大丈夫だったら、BLのチューンドBy STI

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑