*

やればできる(できないのはやっていないから)

公開日: : スポ少

前回の公式戦で、強豪に対していい試合ができたので、

「じゃあ、次は・・・」

跳ねるゴロの打球対策とバント守備・・・

(これがアウトにできれば、かなり戦える)

17日からの大会の準備で組んだ練習試合で、「元に戻る」

・・・

補助なし自転車のように、いちど乗れるようになればもうずっと乗れる、わけではないのか・・・

なぜ?

冷静に考えてみて、思い当たりました。

(基礎ができていない)

ボールをちゃんと捕れていない。となると、緊張したりすると捕れなくなってしまう?

6年が修学旅行でいないのを利用して、

今日は捕る基本をたっぷりやって、6年を驚かせよう!

(理由はいらない?)

いえ、案の定ある組はふざけだす・・・続けられないんですね基本的な練習を積むことが(^_^;)

でも、だましだましやっているうちに、グローブの面にパチンと垂直に当てだした。

つかんだまま動かさずに捕りだした。

(やればできる)

この勢いで投げ方も・・・

新しい課題が入ると抜けていく(TωT)

いえ、根気よく繰り返しやっていきます。基本ができていないと中学に行ったとき先輩たちにバカにされてしまう。

お前の親父何を教えてたんだ、と長男が言われないように・・・(^_^;)

(よーし、あいつら焦らせてやる?)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

試合でできない・・・

ブロック主催の審判講習会に参加しました。 いえ、私が講習を受けるのではなく、チームが講習を受け

記事を読む

スローイングをよくする方法

ときどき、壁当てをします(^_^;) スポ少のバッティングピッチャーで少しでも迷惑をかけないよ

記事を読む

公式戦、初戦敗退

いよいよ公式戦が始まりました。 相手は去年と同じ・・・(昨年は20点以上取られました)

記事を読む

公式戦初勝利!

チームとしては昨年のジュニア大会で勝っているのですが、私の監督としては公式戦初勝利を子供たちはもたら

記事を読む

子供たちの前でオーバーフェンス!でも・・・

見えなかった(TωT) 昨日は、これまで単身赴任でありながらスポ少のコーチとして指導していただ

記事を読む

元気いっぱい打ちなさい

NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」囲碁棋士・井山裕太のなかのある言葉に衝撃を受けました。

記事を読む

「あらゆる問題やニーズに対する答は自然の中にある」

ノーベル生理学・医学賞を受賞される大村先生が記念講演の中で話されたようです。 素晴らしいですね

記事を読む

背番号「5」

今度の金曜日、長男の新人大会予選が始まります。 2年生は2人だけですが、小学校の時の仲間は1ケ

記事を読む

4スタンス理論はけが予防にもなる

チームで4スタンス理論のつま先タイプかかかとタイプかを考慮して指導しています。 しかし、何か物

記事を読む

バットスイングをよくする方法

先日初めて「県大会」を観戦しました。 こちらはスポ少があるので、中学に進級した長男の試合を始め

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑